2018.4.11 部会報告


2018 . 04 . 14 22 : 40  部会報告
こんにちは。 機械は叩けば動くと心の底から信じています、ほたるです。

近年は「デジタルネイティブ」なんて言葉もあるそうですが、私はそうではありません。私が生まれた頃はスマートフォンなぞなかったですし、パソコンは一人一台どころか一家に一台だって常識ではありませんでしたし、Wi-Fiとかいうおかしなモノがそこらを飛んでもいませんでした。
それがいつの間に……と日々嘆いているのを知ってるでしょーーにっ! と怒りにまかせて翌日更新です。


それでは、部会報告に参りましょう。

1 Twitterもろもろ

既にご覧になった方も多いかと思いますが、Twitterに新たな情報をアップしましょう、というお話です。

一つは春号「旅」完成のお知らせです。新入部員に初めて批評してもらう作品がこれではちょっと……というような作品を、ここぞとばかりに出した部員も多数の春号、部室やふたば祭、通販で、ぜひお手に取って下さい!

もう一つは新入生の皆さんへ向けて、あやつむ部室への行き方です。810教室から部室までの道のりを写真つきでご覧頂けます。あやつむの場所が分からない! という方は、ぜひご活用下さい。


2 新歓号のビラ増刷

大学構内3カ所にて無料配布しております新歓号には、あやつむのご紹介をするビラを付けております。
しかし、多くの方々にお手にとって頂きましたおかげで、このビラ付き新歓号がもうすぐなくなりそう……ということで至急ビラを増刷いたしました。まだお持ちでない方、よろしければお手に取ってご覧下さいね。


3 ふたば祭の準備

4/19(木)~21(土)に開催されます、ふたば祭に向け、せっせと準備中です。
水色ブロックの1にて、チヂミ(と部誌)を販売いたします。皆さま食べにいらして下さいね!


さて、ご報告は以上です。


そして上がりに上がったハードルですが、
わたくしめ、絵はからきしダメですし、機械にはとてつもなく弱いですし、関西人でもないのでスイッチも入りません。(近畿地方でありながら、「関西と一緒にせんとくれやす」と不遜にも言い放つ地域の生まれ育ちでございます)

50メートル走だけでも息切れしそうな運動音痴には、ハードルを跳ぶなんて到底無理です。
次の方が美しく軽やかにハードルを跳んでくれることを期待しつつ、わたくしめは体育のハードル走を思い出し、全部倒してゴールすることにいたしましょう。

がしゃん! がしゃん!(ハードルが倒れる音)
それでは!
スポンサーサイト

2018.4.4 部会報告


2018 . 04 . 13 12 : 44  部会報告
こんにちは、ハクトです。
本日は4月13日。部会報告は4月4日。
おとといの部会でなんか色々飛んできましたが、あやつむは今日も平和です。

ま、そんな話は置いといて。
新歓も本格的に始まり、キャンパス内もだいぶ賑わってきました。
あやつむは新歓期間中の毎週水曜と金曜の4限後から茶話会を開いているので、時間が空いてる方はぜひぜひ遊びに来てくださいまし。
また、無料配布の新歓号を1号館と8号館に設置してるので、どーぞ持ってってください。

あ、そーいえば。部室棟の場所が分かりにくいって声があったので、ツイッターに部室までの道のりを載せてあります。なんかツッコミどころ満載やったけど。

せっかくのキャンパスライフなわけですから、新入生は気の済むまで各団体の新歓を巡ってもらって「悔いのないよう」でっせ。

んじゃ、前々回の部会報告です。

1.部室内のマンガの設置に関して
うちの部室にはマンガが常に置かれているわけですよ。主に他の部員への布教用に。その設置に関しての規定が出来たって話です。
新入生の方は、部室に来た際にはぜひ読んであげてください。多分喜ぶので、持ち主が。
僕もあだち充の作品もってこよ。

んー、ナンバリングした割には一つしかねぇなこれ(笑)
なんか新歓長さんがイベント考えたりしてくれてるみたいやけど、まぁそれは確定したときにでも。
あ、ふたば祭の準備もバッチリです。新入生にとっては最大の新歓となるイベントなので、時間が空いてれば遊びに来てくださーい。


……ふぅ。
あのね、僕そんなにブログ読まない人なんですよ。
いつの間にこんな修羅場になってんのよここ。もっと気楽なもんちゃうかったっけ?

ツムギ……アヤ……。
なんやねん、メッチャ絵可愛いやんけ……。
関西人の血騒いで真面目な話するんかい……。

ツムギ……w

……はぁ。

ま、新歓期なんでね、せっかくなんでそこらへんについて話しますか。

うちのサークル内の話ってのは前回アカシャちゃんが話してくれたんですけど、そこに書いてある通り、色んな人がいるわけです。
ま、人見知り激しい人もいたりって感じですね。

誰だって初対面の人とは壁作りがちですからね。その壁壊せちゃえば、面白い人ばっかりなんやけど。

もちろん頑張って話そうとはするんやけど、話題に困って沈黙、的なこともあるってことです。

そんな時にはこれを言っとけ、的なのを載せておくので、新入生は困ったら参考に。

※あくまで僕の個人的判断に基づくものです。余計変な雰囲気なったやんけ、とか言われても微笑み返しますのでご注意ください

「衣代(いよ)さんはシャンデリアなんですか?」
「メロンパンクッキー論争ってなんですか?」
「ハクトさんは体のどこが悪いんですか?」
「徳川将軍の中で誰が一番好きですか?」←アカシャちゃんがいる場合


どこの新歓でもそうですが、話題が無くなっちゃうのが一番困るんですね。
そういう時は、質問しちゃうのが一番です。
なんかしら質問があれば、会話のキャッチボールが生まれるんでね。

んじゃ、最後に恒例のハードル上げってやつを。

今回僕はブログ遅刻者なもんで、次回のブログ担当が誰か分かってるんですねー。

次の人は、部員の中で最も機械に強い人です。
誰も見たことのないような、テクニック満載のブログになります。ご期待下さい。

とだけ言っときます。

ではでは。

2018.3.28 部会報告


2018 . 03 . 31 18 : 45  部会報告
その週の記録は、平常の更新速度に比して少々間が空いていた。
<試験期間>でもなかろうに、どうした訳だろう。
別タブを開いて暦を参照する。なるほど、前週は国家が規定した祝祭日だ。
では更に前の週は? 当時の日本国で3月14日といえば「ホワイトデー」だが、祝日認定は受けていないはずだ。
……即座には分からなかった。以前の記録か、或いは別所の史料をひっくり返せば判明するかもしれない。面倒だな。
ともあれ優先すべきは一通りの解読だ。画面をスライドして生成り色のパネルを叩いた。
再生、始め。


こんばんは、アカシャです。お久しぶりの文紡ブログ更新ですよ。
27日は後期手続日でしたね。新入生の皆様、お疲れ様でした。
そして合格おめでとうございます!

さっくりと部会報告に参りましょう。
1 新入生の皆様へ
14日の前期手続日、また先程触れました27日におきましては、
我々文紡も密やかに新歓活動を行っておりました。
ブースにいらしてくださった方、手ずからチラシを受け取ってくださった方、
その節はありがとうございました。
健康診断日や茶話会で再びお目にかかれましたら、心より嬉しく思います。

活動の一環で八号館に新歓号を設置しているのですが、
27日はこちらの予想を超えるほど沢山の方が手にとってくださったようで、
部員一同感激しきりでした(* ´ ▽ ` *)
欲しかったのに無かった、という方がいらっしゃいましたら本当に申し訳ありません!!
体制を整えましたので、4月6日の健康診断日には確実に入手出来るはずです。
どうぞ楽しみにお待ちください。

また、公式Twitterでは
部員紹介ツイート140字小説・イラストツイートをお披露目する予定です。
140字小説・イラストはチラシの裏面にもほぼ同じ作品が掲載されておりますが、
実はこのチラシ、三種類ございます
お手元のチラシに載っていない作品も含めて、Twitterでは全作品がご覧になれます!
しかもイラスト作品は魅惑のカラーバージョン!
何卒ご贔屓に、お願い致します。


2 ふたば祭の色々
五月に開催される、主に新入生さんを対象としたお祭りです。
まだまだ準備段階でお話しできることは少ないのですが、
着々と各種作業を進めております。
当日は看板商品のチヂミを焼きつつお出迎え致しますので、
是非いらしてくだされば、と思います。
そういや「チジミ」表記が正しいことをつい最近知りました。でも字面はチヂミの方が好きなんですよね。


ぽてぽてと気の抜けた足音が近付いてきて、私は一旦手を止める。
「調子はどう?」
私の肩越しに、教授がにょきっと首を出した。
「特に変わったことはありません。例年通り、<新歓期>のようですね」
空いた更新間隔の理由が分かった。14日は新歓活動日の一つ<前期手続日>と重なったため、<部会>が開かれなかったのだ。
「ふんふん、そっか。しかし君も物好きだよねえ。
 かろうじて望遠鏡で捉えられるぐらい地味な星の、これまたちっさな島国の電子記録を日がな一日掘り返してるんだから」
「地球史学の第一人者である先生にだけは言われたくありません」
「おや、一丁前の口を利くようになったじゃないか。毎日泣きべそかいてた新人と同一人物とはとても……
 ごめんごめん。んじゃ引き続き頑張ってね」
眠たげな声と共に、教授の顔が引っ込む。軽く頭を下げて画面に向き直った。
記録をスクロールしながら、ふと私は小首を傾げる。
今回、妙に長くないか?


さて、ご報告すべき内容は以上でございます。
しかしここのところのあやつむブログはただ事務的な報告に留まらず
エンターテインメントを提供する風潮になっておりますようで、
私も一発かまさまいでか、と。はい。
とある部員が「最近インフレしてるから、ここらでハードル下げてくれても良いんですよ」と助け船を出してくれたのですが、
それを聞いた瞬間関西人の中でスイッチが入る音がしまして。
「上等やワレェやったろやんけ」という次第です。
いやね、これ幸いと最高の口実に乗っからせてもらおうとも思ったんですけどね。
やっぱり血には抗えません。

と申しましても、万人のお眼鏡に適う名文なんて甚だ手に余りますし、
既にここまでのブログが長すぎます。
最低限お伝えしたいことはもう書いてしまいましたから、この先はご興味のある方だけお進みください。
お読みにならなくとも一切支障はありません。
ここでお帰りになる方も、どうか次回の更新はお目通しくださいね。きっと素晴らしく面白いはずですので。



文化的創作団体「文紡」は、
一見して何やってんだか分からん名前で有名なサークルです。
詳しい内実は公式サイト等をご覧になってもらうとして、
少なくとも文化系のサークルである――ボール投げたり打ったり蹴ったりとは縁遠い、ということは伝わりますでしょう。
そういった性質の団体に得てしてありがちなのが、
新入部員の勧誘に困る
という事態でございます。

主たる活動に「創作」なぞというイロモノを標榜するサークルの構成員は、
視界に過ぎったカモ人間を片っ端から取り囲んで自陣へ連れ去るような手法で集められるものではないのです。
仮にそうやって数を獲得しても、肌に馴染まず去ってしまう確率が高く、
それでは実のある勧誘とは言えません。
逆に言えば、興味のある人はほっといても来てくれるタイプの団体でもあります。
そのほっといても来てくれる皆様、
目下検討中のひょっとすると来てくれるかもしれない皆様に向けて、
当サークルの内情を少しばかり打ち明けようかと存じます。

総じて、色んな人がいます。
加入動機は様々です。
元文芸部員とか元漫研部員の人も、創作経験は皆無に等しかった人もいます。
創作活動に経験年数は関係ありません。何歳の時に始めたって構わないのです。
ちなみに年度ごとの差はあれど理系文系比率・男女比はそこそこ均等です。

表現手法も様々です。
ざっくり文章とイラストに大別こそされますが、
長編・短編・詩、アナログ・デジタル、一枚絵・漫画といった形式の差から
作風・画風といった中身の差を考慮すると、まさに千差万別です。
作品の土壌となる価値観も、当然人によって違います。
これは新歓号にも如実に表れておりますので、
ページを捲って多様さをお確かめくだされば、と思います。

あと驚かれるかもしれませんが、
部員の皆が皆所謂サブカルオタクという訳でもありません。そういう人が少ないと言えば嘘になりますが。
一部が盛り上がっている時に「何言ってるかさっぱり」と顔を見合わせている人は一定数います。
その一定数は違う話題で目を輝かせて熱弁を振るうのです。
で、他の部員はついて行けない代わりに否定もせず「楽しそうで何より」と見守るのが日常風景です。

部員の人柄が十人十色であることは、最早言うまでもありません。
「創作が好き」の一点以外は何でもありの、るつぼのようなサークルです。

さて、何かしらの作り話をこさえる人間の大多数にとって、
喉から手が出るほど渇望する台詞があります。
本心からの「面白かった!」と
忌憚の無い「ここ間違ってますよ」です。
これはもう、小説にせよイラストにせよ立体造形にせよ
何か作って公衆の面前にさらけ出す機会が一度でもあれば、
殆どの人が実感することだと思います。

そして同時に、その環境を実現するのがどれほど難しいかも思い知ります。
家族や友人といった身近な人に見せるわけにはいきません。
仲良くても創作に理解があるとは限りませんし、そもそも見られたら生きていられないという人も多いでしょう。
かといってプロの講評を仰ぐほどでもありません。
デビューを目指すならともかくたかがアマチュアの趣味、本職の方にお時間割いてもらうなんて恐れ多いことです。ボコボコに貶されたら立ち直れないかもしれません。
同好の士が互いを思いやりながら切磋琢磨し合う、理想の環境は何処に。

文紡は、それが叶う場所です。
考えてみれば大学のサークルという環境は、求めている条件をあっさり満たしていました。
大学の外でも見つけることは出来るのでしょうけど、在籍者にとって加入の手軽さで右に出るところはそうそう無いと思われます。

新歓号でもTwitterでも、茶話会でもふたば祭でも、窓口は問いません。
ご自身との相性を確かめる意味でも、一度「あやつむ」を覗いてみてください。
創作を愛する方々の間で文紡が憩いの場となることを、
私どもは願ってやみません。



という訳で、エンタメの趣向を他の方と変えてみました。
長い長い乱文をお読みくださった方がもしもいらっしゃるなら、その根気に拍手を。
それではお目汚し失礼致します。アカシャでした。


ああ、やっと終わった。途中経過を保存するなりモニターの電源を落とし、げんなりして席を立つ。
湯気の立つコーヒー片手に研究室を出た。今すぐ古文書まみれのデスクに戻る気にはなれない。
記事の後半は、有り体に言えば長めの宣伝文句だった。
派手とは言い難いコミュニティの性質に合う人間を引き寄せようと、必死こいて書き綴ったらしい。
結局効果は如何ほどのものだったのだろうか。
後世の人間である私は、記録を紐解いていけば知ることが出来る。しかしあれを書いた時点の執筆者が知る由は無い。
どんな気持ちで筆を執ったのだろう。自信満々だったのか、不安で仕方なかったのか。
こればっかりは、いくら史料を読み解いても窺い知れない。それで良い。それが史学というものだ。
人の心を想像して形と為すのは、作家の領域だ。
ラボの中でも最上級に展望の良い場所で立ち止まり、私は適温に冷めたコーヒーを啜る。
星明かりが明滅する窓の外を眺めながら、在りし日の遙かな異国に思いを馳せた。

2018.3.7 部会報告


2018 . 03 . 13 00 : 19  部会報告
 こんにちはショコラです。
まずは前期試験で合格した皆さん、

合格おめでとうございます(^-^)/

 大学に入ったら、どのサークルに入ろうかな~と考えている人が多いと思います。
いろんなサークルがありますが、あやつむもちょちょっと覗いてみてね。
面白い(ヤバイ)先輩が沢山いますよ。
3月14日は前期手続き日なので、あやつむもブース設置してお待ちしてます。


前置きが長くなりましたが、部会報告に行きます。

・新歓
 新入生を歓迎する用のお菓子とかジュースとか決めました。
ブースや部室にいろいろ持っていきます。
ブースの場所は、二号館の前あたりです。
部員さんが看板もってそのへんにいるので、部員さんが案内してくれるはずです。

・Web
そろそろ更新くるはずだよ。

・ポスター
春号と新歓号のポスターを貼りだすよ。そのうち。

報告は以上です。
春号の返答会があったので適当に一部作品のダイジェストも載せますぞ。

PN:思折
感想「若女将、エロい」
衣代「眼鏡ですよ」
感想「若女将、怖い」
衣代「眼鏡ですよ」
感想「若女将、悪女」
衣代「眼鏡ですよ」
一同「関係ない!」

PN : ししゃも
感想「人生の1ページを切り取った話」
聖「(主人公は)気持ち的には救われたのかなぁと。」
「ただハッピーエンドっぽくなってしまったので船とか沈まないかな。」
【※参考】
去年の聖「ハッピーエンド書いたらじんましん出る」
2017年冬号テーマ:ハッピーエンド

PN : St,
アーク\\(春号テーマ)旅→トリップ→じゃあヤク中描くか!//

批評「人体構造的にちょっと変」
アーク「ヤク補正ということで…」
ちなみに作中で彼女が飲んでいるのはエナドリです!


はい。
それではさようなら。




おい
おいおいおいおいおおおおおおおいおいおいおいおおい

おい


あやつむブログ担当は次の人のハードルを上げるのが通過儀礼になってるのか??
勘弁してよ~~~~~~

というわけで
最後に絵を置いときます。
まあ絵師だしね。面白いこと書けなくても許されるよね。


合格おめでとうございます

新入生のみなさん合格本当におめでとう!
ブースや部室で会えるのを楽しみにしています!
新歓号もよろしくお願いします!


ここまで読んでくださりありがとうございました。
ではではショコラでした。

2018.2.28 部会報告


2018 . 03 . 04 23 : 20  部会報告
初めましての方は初めまして、以前お会いしたことがある方はお久しぶりです。どうも一回の千です。
かれこれ一時間ほどこのブログで何を書くかを考えていますが、前回のバーチャルユー、じゃなかった、バーチャルブロガーつむぎあやのセンスが光りすぎて困っています。誰か私にネタをください。ネタをください(大事なことなのでry)

キュピーン! (何かを閃いた効果音)

そういえば、春合宿に行ってきました!
三重県伊勢志摩!
一泊二日!
文紡のメンバーで、わいわいがやがや楽しんできました。どっかの誰かはほとんどの時間寝てましたが。寝てない時間を探す方が難しい、ってくらい寝てましたが。まぁ、本人は本人なりに楽しんでいたので良かったと思います。

私のことなんですけどね。

……さぁ気を取り直して、部会報告に行きたいと思います。……ほとんど意識飛んでたから何やったかあんまり覚えてませんが。

・新歓について
 ビラの印刷日だったり新歓号につけるおまけページの綴じ方についたりを話し合いました。ざっくりとした報告でごめんなさい。この時、雄大な宇宙の中をただ一人漂っていました。(意:寝てました。ごめんなさい。)

・ふたば祭について 
 4月にあるふたば祭の準備における担当?みたいなものを決めました。自分の担当するメンバーは男一人(自分)と他女性メンバーという結果に。とある人物に「ハーレムじゃん、やったね」と言われました。私も「本当だ。ハーレムだ。やった~」と返しました。
今思います。この時の自分、疲れてんなぁ、と。

部会報告は(私の覚えている範囲では)これくらいですかね。もしかしたら、他にあったかもしれませんが……まぁ是非もないよネ!

そうそう、忘れてました。部会の後に春号の返答会を行いました。ツイッターをすでに確認した方はもうご存知でしょうが、今回もいろんな意味でやばかったです。
それでは以下、返答会ダイジェストです。(敬称略)

PN.ターコイズ
感想「珍獣の肉っておいしいのでしょうか……」
→あんまり美味しそうじゃないですよね。私はブタウシニワトリ以外は苦手です。
千「びっくりしました。一瞬、ブタウシニワトリっていう生物がいるのかと」
ほたる「そんな生物はいません」

PN.双糸
千「リロードは空中でこう、がっ、とできるんですよ(身振り手振りを加えて)」
全員「?」
ココ「えっ? 千君ができるの?」
千「いやいや! このキャラがですよ!?」
全員「あぁ(納得)」

PN.シモン紅
批評「たき火が小さいと「ファイヤァァァァッ!」という叫び声と釣り合わない気がします」
「逆にたき火が小さい方が萌えるのでは」
「わかる」

返答会ダイジェストは異常です。……失礼。返答会ダイジェストは以上です。
今回は特に面白いところもなく終わってしまいましたが、次回の方はきっと抱腹絶倒、呵々大笑な部会報告にしてくださること間違いなしですので期待していてください。
さて、次回の方のハードルを無駄に上げた所で今回の部会報告を終わらせていただこうと思います。
ではでは、また会う日まで。