書評『重力とは何か』


2012 . 09 . 24 23 : 20  書評
どうもどうも、大佐です。
今回の書評はこちら。


重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)
(2012/05/29)
大栗 博司

商品詳細を見る


『重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る』
著者は大栗博司氏。現在の物理学界の第一線を走る人物であります。

みなさんは重力と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。
私たち自身常に影響を受けている重力ですが、物理学においては非常に謎多き力です。
この本はその重力を主軸において、相対論、量子論、超弦理論といった理論の解説をしています。

こんな風に書くとなんだか難しいように思えますが、そんなことはありません!
ちょっくら章タイトルを見てみましょう。


“第一章 重力の七不思議
 第二章 伸び縮みする時間と空間 ――特殊相対論の世界
 第三章 重力はなぜ生じるのか ――一般相対論の世界
 第四章 ブラックホールと宇宙の始まり ――アインシュタイン理論の限界
 第五章 猫は生きているのか死んでいるのか ――量子力学の世界
 第六章 宇宙玉ねぎの芯に迫る ――超弦理論の登場
 第七章 ブラックホールに投げ込まれた本の運命 ――重力のホログラフィー原理
 第八章 この世界の最も奥深い真実 ――超弦理論の可能性             ”


どうでしょう? 七不思議とか宇宙玉ねぎといったものに目が引かれませんでしたか?
本書ではこういった身近な単語や例え、あるいは図を用いて一般の人にも親しみやすいように書かれているのです。

そして、何よりも特筆すべきなのは、やはり数式を全く使わずに説明されていることでしょう。
この手の類の解説書というのは、一般向けと謳っておきながら難解な数式の多用で読者を
「わけわからーん!」と挫折させるようなものが多いのですが、この本は違います。
数式を使わず、それでいてわかりやすく解説してくれるので、スムーズに読み進めることができます。

宇宙のこととか、なんとなく興味はあるけど難しそうだし……と思っている人にこそ読んでもらいたい一冊ですね。




スポンサーサイト

三姉妹探偵団


2012 . 09 . 24 10 : 34  書評
 どうも、鯖でございます。
 暑さも大分和らいできた今日このごろ、我が家では扇風機の存在意義がないがしろにされかけています。
 季節の移り変わりに人々は適応していく、それが生きていくということなのか。


 とにもかくにも書評に移りましょう。



三姉妹探偵団 (講談社文庫)三姉妹探偵団 (講談社文庫)
(1985/07/08)
赤川 次郎

商品詳細を見る



ひょ、表紙の女の子が可愛い……だと!
おっと、失礼いたしました。ちょっと表紙の絵が知っているのと違ったもので。
気を取り直して、人物紹介といきましょう。

タイトルを見ての通り、表紙の三人は姉妹なんです。中央にいる子が次女の夕里子で行動力抜群の元気な子です。その左側にいるのが三女の珠美。中学生なのに金にがめつい女の子です。いやぁ、可愛らしいイラストですね。
……すいません、次にいきましょう。最後に残った背が高い人が長女の綾子さんです。方向音痴で低血圧、また天然ボケ気味で非常にいいキャラをしています。
 この三人がシリーズを通して様々な事件に巻き込まれていくわけです。ちなみに事件が起きるときお父さんはいつも出張で家にいません。まったく頼りにならないったらありゃしない。
 あと、忘れてはならないのが夕里子の国友刑事です。彼は一番最初の話で出てきて、二巻からは何かもう彼氏になっちゃてます。……歳の差、十くらいありそうだけど大丈夫かな。
まぁ、いらない心配をしても仕方ない。彼らのやりとりはなかなか面白いので乞うご期待です。



にしても時代はかわりましたね。表紙が可愛いって、ラノベあるいは漫画かよ。
いえ、僕は大歓迎ですけど。
さすが、講談社文庫さんです。講談社文庫万歳!


取り乱しました。すみません。表紙も然ることながら内容もいいので皆さんどうぞよろしくお願いします。





赤川さんつながりでもう一つ。綾部のピースもといピースの綾部主演で赤川さん原作の連ドラが始まります。
そちらも見て頂ければいいなぁと思います。




それではまた会う日まで。





我的日本語


2012 . 09 . 21 23 : 13  書評
はい。羽ことヴァネッサです。今週はクリーンキャンパスデーで、BOX周りを掃除しました。
美意識と創作意識は通ずるものがあるのではなかろうか、あやつむ民は掃除が好きな様子で・・・・
素晴らしいと思います。
先輩方もご指示等ありがとうございました。


まぁ、良い機会なので今日をまとめると、

草抜き、手洗い場磨き、ロッカーどーん!!
BOX周りがすっきりしたので、季刊号を求めにぜひBOXへいらしてみてください。



さて、今回は我的日本語という・・・・・
我的日本語 The World in Japanese (筑摩選書)我的日本語 The World in Japanese (筑摩選書)
(2010/10/15)
リービ 英雄

商品詳細を見る


作者の名前見て何人とかおもった人は読んでみよう。彼は日本人ではないです。けれども小説家、日本文学者です。
彼は、日本語の非ネイティブの立場から日本語について考えました。日本語で創作活動を行ってきました。
その彼が日本語とは何か、日本語の本質とは・・・・それを論じています。
日本人が日本語をとらえている以上に日本語の本質を理解し、日本語の良さを理解し、それを伝える一冊です。
日本語は漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベット・・・・・
これらのどれを使うかを悩む。英語では表現の違いがあるだけ。文字一つ書くのに緊張感がある。
あぁ、その通りだと思った。
彼は万葉集にも造詣が深く、万葉集を英訳したりしている。そのうえで彼が見た万葉集、大和言葉の素晴らしさをつづっている。
語学と文学・・・・
両者の魅力的な関係にも触れられた一冊です。




語学を志す方、文学を志す方はぜひとも読んでほしい一冊です。

2012・09・19 ★部会報告★


2012 . 09 . 19 23 : 33  部会報告
どうもヒメです。

今日は秋号返答会最終日ということで、少佐のリベンジ回でした。
ひらがなのこだわりが目立ち、みんなで色々言葉を考えたり作り出したりしましたねw

さて、返答回が終わったので、来週の部会はお休みです。
しかし来週は秋号訂正稿の締め切りとなっていますので文紡の民は引き続き頑張りませう。

ええとなんだうんと。
特にないですね、あとは……

では、また再来週にノシ

本の紹介「図解 クトゥルフ神話」


2012 . 09 . 18 16 : 14  書評
どうもどうも、ゲッタンです。最近、残暑が厳しくて毎日鬱陶しいですね。
もう少しで収まるそうですから、頑張りましょー!

今回も、そんな残暑を吹き飛ばすある本をご紹介。
それがこちら↓

図解 クトゥルフ神話 (F‐Files No.002)図解 クトゥルフ神話 (F‐Files No.002)
(2005/11/21)
森瀬 繚

商品詳細を見る


クトゥルフです。
クトゥルフです。
クトゥルフです。
大事なことなので三回(ry


前回と違いルルブではない。
いわゆるファンブック的なやつです。
でもただのファンブックじゃありません、事典としても機能するスグレモノ。

クトゥルフ神話には固有名詞(白痴の神とか、這い寄る混沌とか)が多く、
中々手を出しづらいのですが、それを一発で解消してくれます。

100項目余りを解説1P・図説1Pで解説しており、
初心者、上級者にもオススメの本になってます。
てか、これ読めばもう他何もいらないかも。

しかも、ルルブと違って安い。
でも、amzonくらいしか置いてない。

それでも、クトゥルフに興味のない方もある方も、是非是非読んで欲しい本です。
そして興味の湧いた方は、一緒にセッションしましょー。

以上、やっぱりクトゥルフ大好きゲッタンからでした。