2013.12.25 部会報告・あやつむ大会議冬の陣


2013 . 12 . 26 22 : 43  部会報告
どうもどうも、ハイジでございます。
というわけで今年もやりました!あやつむ大会議冬の陣!奇遇にもメリークリスマス編です。


まずは毎年恒例と言いますか、この前の冬号宣伝にも書きましたが、いまこそわかれめいざさらばです。
三回生の方々がこの部会を持ちまして引退されました。寂しいですがこれが世の常。ありがとうございました。

そして、同時に新たな役職体系とともにあやつむがまたスタートを切りました。
私も来年は三回生。引っ張っていく側になりました。まだまだ心配なところも多々ありますが、皆でがんばってあやつむを盛り上げ、そして羽ばたかせていきたいなーとか思っとります。ふんす。

そんな新生あやつむぎ、早速大会議らしく色々な話し合いを行いました。
ここで!今回の大会議の目玉!発表しちゃいますよー
はい、来たる2014年春号と2014年新歓号のテーマが決定しました!!
いきますよードコドコ

春号「宝石」
新歓号「ゲーム」


ほい!こうなりました!!
さて、どんな作品が掲載されるのでしょうか。私も楽しみでございますウフフ。


それでは、今回はこのあたりでさらばでございます。
あ、言い忘れましたが、今回の役職体系刷新により、私ハイジがHPと合わせてこのブログも担当することとなりました。よろしくおねがいしまーす。
次回は1/8の部会報告を予定しております!
またさらいしゅー!おるぼわー!
スポンサーサイト

2013年冬号「才」


2013 . 12 . 22 23 : 45  お知らせ
どうもご無沙汰しております、ハイジです。
遅ればせながら今回も部誌最新号の宣伝に参りましたよ〜!
どーん


2013年冬号「才」完成しました!

2013winterA.png


冬号にはつきもの、最後の部誌掲載。三回生の方々、お疲れさまです。今までありがとうございました!
そんな冬号「才」。今回も変わらずボリューミーです。個人的感想ですが、ホッチキス止めがなかなか体力使いました…。

お求めはあやつむBOXまたはHPの通販フォーム/ツイッターアカウントへのコンタクトで!
もちろんあやつむHPに詳細も載ってますよ〜

それでは、ハイジがお送りしました!

2013 12/18 §部会報告§


2013 . 12 . 19 00 : 56  部会報告
どうもこんばんは、ジュジュです。

先週からやっておりました、冬号の印刷・製本が完了しました!
表紙はこんな感じ↓
2013winter.jpg
写真の都合でとても白っぽいですが、黄(薄?)緑色の表紙になっております。
例によってまた別に新刊告知ブログがかかれる気がするので、詳しくはそちらで。


来週は年に二回のあやつむ大会議です。
冬の大会議では、現三回生の先輩方が引退され、代替わり・引継ぎが行われます。
一足早いですが、この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

そして、引継ぎということで、
ブログ担当も私じゃなくなったりしたりしなかったりします。
諸々含めて来週の部会報告をお待ちくださいませ。

それではこの辺で。
ではではっ

【12月書評】ドラクエ式 自分の強みを知る冒険


2013 . 12 . 17 21 : 00  コラボ企画「あいつむぎ」
どうも、ヒメです。

今日はあいつむぎ企画の書評更新DAY☆ですので、張り切っていきますよーーーー!!!

今回ご紹介いたしますのはコチラ。

ドラクエ式自分の強みを知る冒険ドラクエ式自分の強みを知る冒険
(2013/11/09)
神谷悟

商品詳細を見る



”自己分析本じゃねえかwwww”
はい、ご指摘ありがとうございます。
そうです、就活生だしちょうどいいでしょ()

この本、実はこないだ東京に行ったときに買ったのですが(天狼院書店という、めちゃめちゃいい本屋さんが池袋にあるんです)
そこの店員さん(インターンだそうで、ヒメと同じく就活生)に勧められました。


さてさて。
少し前に、ドラクエ1のアプリがタダでDLできるぞ!!!!って話題になりましたね。
私もちゃっかりやりました!

とはいえ、ドラクエって初期はまだ仲間とかできないですよね。
どの辺から仲間増やせるんでしたっけ……詳しい人教えてください。

まあそれは置いといてですね。
要は、人間誰でも適職があるよねって話です、この本。
MPほとんどないような戦士が魔法使いの代わりに回復役務めるとか意味分かんないし、
逆にHP低い魔法使いがガンガン攻撃に出て行くのも訳分かんないし。
人にはそれぞれ向き不向きがあってですね、という、いわゆる自己分析本です。
よくある、やつね。

ただし、よくある自己分析本と決定的に違うのが、
この本にはストーリーがあるということです。
ちゃんと主人公もいればサブキャラ(仲間)もいれば、モブまでいるんですよ。

主人公はお約束通りに勇者なんですけどね、彼が王様に呼ばれて
魔王を倒すために力を貸してくれって言われるんですよ。
王道過ぎでしょ、もう。
それから主人公、実にドラクエなストーリーに乗っかっていきます。
で、その時々の決断や苦悩を通して、読者も一緒に悩んで、
自分はどういうタイプなのかを考えていくというものです。

自己分析本って、飽きちゃうじゃないですか。
なんか似たような質問と、誰にでも当てはまりそうな気さえする解説の連続で。
でもこの本は、ストーリーがあるからとりあえず読み通せるんです。
質問にまともに答えるかは別にしてもね。

でもね、読み通せたら、やたら気になるんですよ。
「もし自分がこの世界にいたら、何になれるんだろう」ってね。
この本の世界で適性を測れる職業は、
勇者、戦士、魔法使い、僧侶
というベタなRPGキャラだけです。
しかし、このキャラが現実世界においてどのような力を発揮できるのかを
きちんと解説で示してくれているので、ちゃんと自分の今に反映できます。
どのキャラもストーリー中で見せ場があるので、自分の適性を知ってから読み返すのも面白いですよ。

ちなみにヒメは勇者と戦士と、完璧に同率だったので2つとも適性ありらしいです。
魔法使いか僧侶になった方は、ヒメをパーティに誘ってくださいね(笑)

ではこの辺で。

お求めは大阪市立大学生協書籍部シェリーにて!

【12月書評】ばけもの好む中将 平安不思議めぐり


2013 . 12 . 12 21 : 00  コラボ企画「あいつむぎ」
こんばんは!
くららです。

月日が過ぎるのもあっという間ですね。もう12月。
どんどん寒くなっていきますが、こういうときこそ読書が進みますね。
炬燵に入ってひたすら読んでしまいます。
さて、では私が炬燵に入って読んでいる本をご紹介。

今回はこちら!

「ばけもの好む中将 平安不思議めぐり」 瀬川貴次 (集英社文庫)
ばけもの好む中将 平安不思議めぐり (集英社文庫)


平安時代(雰囲気)好きは必見です。
時代のこととか全然知らなくてもいけます。
特に、夢枕漠さんの『陰陽師』とかが好きな人は、こちらも結構楽しめると思います(私がそうなので)。

私は平安が一番好きな時代でして、こういった類いの本には目がありません。
雅やかで、しかしときに妖しいイメージの平安時代。
物の怪やばけものの跳梁していた時代です。
かの有名な『源氏物語』にも生き霊や物の怪は出現しますし、実際歴史上の人物が物の怪だかばけものだかにとりつかれたという記述が残っていたりします。
まぁ、生き霊とかばけものとか言い出すと、厳密には色々違ったりするのでここでは深く触れないことにしますね(しろめ)

さて、では本書の「ばけもの好む中将」なのですが、文字通りばけものが大好きな中将が登場します。
彼の名前は宣能。
しかし生まれは高級貴族の息子、容姿端麗、光源氏を思わせる貴公子です。
そしてそんな宣能の相方になるのが、中級貴族の宗孝。
このように書くと、ますます晴明と博雅のような感じに見えますが……。
しかし宗孝は博雅のように武の腕も立ちませんし、音楽の素養もないようですがw
しかし彼には12人もの姉がいます。長男ですが末っ子だからでしょうか、少し軟弱でお姉さんたちから喝を入れられてばかりいます。
そんな軟弱・宗孝ですが、ばけもの大好きな宣能に出会ってしまったばかりに、都の中で起きる怪異を追いかけるはめに。
仁寿殿に出没する怪異や祭り前に出現する鬼など、もうわくわくするような出来事がたくさん……。
私は宣能と同じで結構そういう類のものが好きなので……。

あ、だからといって怖いものが嫌いな人でも大丈夫ですので。
安心して読んでください。


さて、私がここで本のご紹介をさせていただくのも、これが最後ですね。
名残惜しいですが……。

では是非お手にとってみてください。