書評 『旅に出よう、終わりゆく世界の果てまで。』


2012 . 08 . 21 00 : 57  書評
お久しぶりです、ジュジュです。
知らない人は覚えてね。

今回紹介する本はこちら。

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る

世界は穏やかに滅びつつあった。「喪失症」が蔓延し、次々と人間がいなくなっていったのだ。人々は名前を失い、色彩を失い、やがて存在自体を喪失していく…。そんな世界を一台のスーパーカブが走っていた。乗っているのは少年と少女。他の人たちと同様に「喪失症」に罹った彼らは、学校も家も捨てて旅に出た。目指すのは、世界の果て。辿り着くのかわからない。でも旅をやめようとは思わない。いつか互いが消えてしまう日が来たとしても、後悔したくないから。記録と記憶を失った世界で、一冊の日記帳とともに旅する少年と少女の物語。

完全にタイトルで読もうと思った作品ですが、
タイトルに惹かれて読むような人にとってはまさに期待どおりな作品になっているとおもいます。

短編集的な構成になっていて、『少年』と『少女』が行く先々で出会った人々となにかしらのドラマを紡いでいく、
といった感じで物語は進行していきます。

扱ってる題材こそ重いというか明るいものではないですが、
(主に『少女』の破天荒な性格によって)比較的明るい雰囲気で進んでいく話が多いです。

続編が出るという話もあったそうですが、一巻出てから四年以上たっちゃいました。
悲しい。

まぁ、逆に言えば現状一巻読みきり状態なので、手を出しやすいかも。
ポジティブシンキンッ。

いかんせん少し古い作品なので書店ではあまり置いてないと思いますが、通販なんかは生きてると思いますので
気が向いたなら『少年』と『少女』の生き様を見てみませんか?
スポンサーサイト