あいつむぎ1月書評


2014 . 01 . 24 12 : 12  コラボ企画「あいつむぎ」
こんにちは!寒い日が続きますね・・・二回生のなこちーです。更新が遅れてしまい申し訳ありません・・・

では、紹介に入る前に小話を一つ。
小さい頃、「虹の根本には金が埋まっている」という言い伝えを聞いたことがありますか?


今回紹介いたしますのは、アイルランドの作家オーエン・コルファーによる児童文学「アルテミス・ファウル 妖精の身代金」です。アイルランド人作家による児童書と言えば、数年前に映画化もされたされた「ダレン・シャン」シリーズが有名ですが、実は本書も、今から十年前に日本でも翻訳された一度映画化されることになっていましたが、取り消されたという経緯があります。
「ダレン・シャン」シリーズも一度似たような流れをたどりました。え?そうだったのか?知らなかったって?

ということで、本の紹介にはいる前に小話を一つ。
この「アルテミス・ファウル」、や「ダレン・シャン」はどちらも同じく2000年代前半に出版された小説ですが、そのころ、児童書界ではとあるシリーズが大きなブームを起こしていました。なんでしょうか?
「ハリー・ポッター」シリーズです。1998年から邦訳が始まったこのシリーズはみなさまもご存じの通り世界的な大流行となり、全作がシリーズとして映画化されました。このハリー・ポッターが巻き起こしたブームは、児童書界全体にも火をつけ、2000年代は児童向けファンタジー小説の出版がまさに百花繚乱、日本にもハリー・ポッターをきっかけに数多くの作品が翻訳され、それに続くようにして「指輪物語」「ナルニア国物語」「ライラの冒険」など、映画化も相次ぎ、書店では「映画化決定!」の帯をつけた本が並びました。
このように、2000年代前半は、児童書にとっては非常に華々しい時代で、「ダレン・シャン」や「アルテミス・ファウル」もまさにその時期に出版され、一度は「映画化決定!」の帯が巻かれていました。ですが。そうした作品がすべて、実際に映画化したわけではありません。先に述べたダレン・シャンは映画化の権利を取得したワーナー・ブラザーズが一度それを手放し、映画化は頓挫してしまいました。紆余曲折の後、権利を取得したユニバーサル・スタジオによって映画が製作されました。
このような例もあるのですが、それはまれで、一度は映画化が決定したものの白紙になってしまったり、続編は作られずそのまま・・・という作品が大多数です。

では、一度映画化が決まった「アルテミス・ファウル」はどうなったのでしょうか。話を戻しましょう。実は、その後映画化が取り消され・・・というルートを一度はたどったのですが、なんと、昨年2013年夏に再び映画化するというニュースが入ってきました。
そこで、祝!映画化!という気持ちを込めて今回、本書を選んだ次第です。

前置きが長くなってしまいましたね。

では、内容の紹介に入りましょう。
主人公はタイトルと同じく「アルテミス・ファウル」。国際的な詐欺を行う一家に生まれた12歳の少年である彼が、自らも犯罪を成し遂げようと、最新のIT技術(刊行当時としては)を用いて手にしようとしているのはおとぎ話の妖精の持っている「黄金」、それも「虹の根本に埋まっている黄金」です。対する妖精たちは、人間たちから身を隠すため長い間をかけて科学技術を発達させており、アルテミスに立ち向かいます
・・・羅列してみるとなんとも荒唐無稽です。特に、設定似ついてみてみれば。
しかし、そのような設定でも全くストーリーを破綻させないまま急展開に次ぐ急展開で、読者をぐいぐいと引き込んでいくのが本書のすごいところ。また、それを探しているのがおとなではなく12歳の少年、というところに絶妙なリアリティがあるのかもしれませんね。

また、本書の魅力は、単に「IT技術を使う少年と妖精の黄金を巡る戦い」というところにはとどまりません。

特におすすめしたい見所は、アルテミスの前に立ちはだかる妖精の警察組織の妖精たちの妙な人間くささとしたたかさです。一丸となって防衛しなければならない、というのに、事件担当チームのトップ争いが起こったり、警察組織への女性登用問題を巡るドラマが繰り広げられたり。
それがドタバタ感に傾いてしまわず、きっちりとラストへ向かっているのがすばらしいです。
また、一見奇想天外な「妖精」の設定も実は伝承に忠実だったりするのもすてきですね。

それでは、今度こそスクリーンで本作をみられることを願いつつ紹介を終わらせたいと思います。
スポンサーサイト