2018.6.27 部会報告


2018 . 06 . 29 23 : 07  部会報告
こんばんは、文紡三回生のアカシャです。
このところ折角若者たちの手になるブログが新着を賑わわせてたのに、
じゃんけんの神様はここにきて何故だか私を指差されました。

まず始めに宣伝を。
2018文化週間号「煙草」
八号館(810横&811横)、一号館(玄関正面の踊り場)
にて頒布してます。皆様よしなに!

……ただこの文化週間、残念ながら本日で最後なんですよね……。
もっと早く記事を書けばこんなことには……
※取り逃された方は共通研究棟404の部室、又は手近な文紡メンバーまで。


さて、気を取り直して。
1 秋号
テーマを募り始めました。
まだそれだけです。カラー楽しみですね~今年は誰が描くのかな~

2 文フリ号
秋号よりは準備を進めてます。
こちらは基本的に文学フリマで頒布する作品群ですね。
もしかすると今年は更なる特別篇が出るかも……?


こんなところですね。とても簡素。
話は変わりますが、27日は初めての夏号返答会でした。
作品をより良くするために何を為すべきか、真剣に議論を交わし、
時々(?)派手に脱線する、あやつむらしさに満ちた場です。
その奇天烈ぶりはTwitterのハッシュタグ #返答会ダイジェスト でご覧になれますよ。

私も参加したグループのやり取りから、
Twitterとは別な場面を選り抜きしてみました。
その① PN:あにじん
広々としたソファーが目を引きます。モデルにした写真もやたら横長だし、
もしかしてこれソファーではなく寝っ転がってポテチ摘まむやつでは?
……結果的にソファーはソファーではなくなり、
返答レジュメのソファーに関する文言は「誤字」となりました。

その② PN:えんじゅ
単語「百合」にざわつく読者が約二人。
花の品種の一つです。それだけです。フリとかじゃなくマジでそれだけです。
なんのこっちゃ分からん方は清らかです、今後もそのままで。

その③ PN:巻春
「泣きはらした」「酒を飲み過ぎた」、どちらとも取れるもの――
って、皆様分かりますか?
私は閃きませんでした。気になる方は夏号でご確認を。


はてさて次は誰からどんな発言が飛び出すのか。
私共々、次のブログを楽しみになさってくだされば!
それでは失礼します、アカシャでした。

***

ひょっとすると常連さんは拍子抜けしていらっしゃるかもしれません。
なんだこいつ、これまで散々ハードル上げ下げ通過して遊んできた三回生のくせしてちっとも面白いこと言えてないぞ? と。
私事ですが今回ネタを考える時間的・精神的余裕がございませんで、残念ながら何も仕込めませんでした。
その代わりと言ってはなんですが、
本文(*より上側)に限り「あ行」を使わずに書いてみました。
(固有名詞と「三回生」「正面の踊り場」「ソファー」を除く)(無念)
そういうお遊び技法があるんだそうです。
技量不足ゆえ文章が壊滅的に読みにくくなりました。プロってすごい。
五十音の使用頻度とかも考えてないので大したものじゃありませんけど、とりあえずネタばらしでした。

うっかり何処かで省き損ねてても見逃してやってくださいね。
スポンサーサイト