2018.09.26部会報告


2018 . 09 . 27 00 : 57  部会報告
文紡 愛の部会報告劇場  ~正直、作者はドラマを見ない人~

製作:369

ナレーション(以降「ナ」表記):夜の風を切り、馬で駆け行くのは誰だ? それは父親と子供。父親は子供を腕にかかえ、しっかりと抱いて温めている。

父:息子よ、何を恐れて顔を隠す?
子:お父さんにはツムギ・アヤが見えないの? 外面も内面も存在しないバーチャルブロガーが。
父:息子よ、あれはただのブログだよ。
アヤ(以降「ア」表記):可愛い坊や、私と一緒においで。楽しく遊ぼう。合宿費の残金も返して金の余裕もたくさんある(と思いたい)
子:お父さん、お父さん! 銀杏祭に向けて部員が衣装班(メンバーのコスプレ関連)・装飾班(看板とか)・調理班(買い出しとか)に分かれているのが聞こえないの?
父:落ち着くんだ坊や。文紡は本を作るサークルのはずだよ。
ア:素敵な少年よ、私と一緒に銀杏祭においで。部員が君にチヂミを作ろう。本や本も披露させよう。
子:お父さん、お父さん! あれが見えないの? リレー小説(短めのと長めのと)と、イラストに小説を・小説にイラストをかいてもらう部員間のコラボ/交流企画が!
父:息子よ、確かに計画しているのが見えるよ。でもあれは一般への公開形式は未決定だ。
ア:創作が大好きだ。尊いその姿が。嫌がるのなら、力ずくで企画に引き込むことはないぞ。
子:お父さん、お父さん! ツムギ・アヤが僕をつかんでくるよ! よく分からない形式のブログが僕を苦しめる!

ナ:父親は恐ろしくなり、馬を急がせた、苦しむ息子を腕に抱いて。疲労困憊で辿り着いた時には、夏休みは途絶えていた。

そしてすいません。いつものように
スポンサーサイト